館林地区消防組合

TEL:72-8360受付:8:30〜17:15 時間外:土曜日・日曜日・祝日

風水害対策

風水害について

台風について

 台風とは、東経180度より西の太平洋上で発生した「熱帯低気圧」のうち、最大風速が「17m/秒以上」になったものを言います。
 風速や風の強さの目安として、“屋外の看板やトタン板が飛び始める”のが、「風速10m/秒~15m/秒」であることから、その強さがわかります。また、天気予報などで耳にする「猛烈な台風」ともなると、その風速は「54m/秒以上」となり、さらに台風の危険さが改めてわかります。

台風について

豪雨について

 豪雨のうち、特に短時間に大量の雨が狭い地域に降るものが「集中豪雨」と呼ばれます。台風の時期に起こりやすく、その発生場所の予報・特定などは非常に困難です。
 これにより河川の氾濫・土砂崩れ等の災害の発生が予想されます。

豪雨について

 …このような水害が発生する恐れのあるとき、または発生したときには、以下の点に注意して、できるだけ早く避難してください。

水害に備えた避難時の注意

非常用持ち出し品を準備しておく

非常用持ち出し品を準備しておく

 夜間・暗所で活動することも多い消防隊員たちが、現場で怪我なく安全に活動できるように、積載した照明装置を用いて、災害現場の広範囲を明るく照らす機能を持つ車両です。

避難先・避難ルート・避難方法を確認しておく

避難先・避難ルート・避難方法を確認しておく

 浸水に対して安全な避難先とルートを平時から家族や地域で確認しておきましょう。
 また、自家用車での避難は、緊急自動車の通行を妨げるとともに、交通渋滞に巻き込まれる可能性もありますので、やめましょう。

早めの避難を心がける

早めの避難を心がける

 単独での避難は、思わぬ事態にあった時に危険です。避難する前に隣近所に声をかけ、集団での避難を心掛けましょう。

ご近所に声をかける

ご近所に声をかける

 浸水してからの自宅外避難は非常に危険です。
 降雨や河川の水位などの情報をもとに、身の危険を感じたら「避難指示」などの自治体の情報を待たずに、自主的に避難を開始してください。

やむなく浸水の中を歩かなければいけないとき

やむなく浸水の中を歩かなければいけないとき

 ①氾濫水は濁っていますので、水の中の障害物に注意しましょう。
 ②氾濫水は、勢いが強いので、足元がすくわれて危険です。
 ③動きやすい格好で、荷物は最小限にしましょう。




日頃の水害対策

家の周りを点検・整備を

家の周りを点検・整備を

 家の前の排水溝が詰まっていないかの確認や、風で吹き飛ばされるものの撤去等が必要です。

家庭でできる簡易水防

家庭でできる簡易水防

 浸水深が小さいときは、家庭にあるものを使って、水の侵入を減少させることができます。
 大きめのゴミ袋やポリタンク等に水を入れて、水の侵入口となるところに並べます。
 長めの板と土のうで臨時の止水板を作ります。

家庭でできる簡易水防

参考リンク:国土交通省 気象庁-知識・解説

<< 前のページに戻る

採用情報 採用情報